アトピー性皮膚炎の治し方

アトピー性皮膚炎の治し方

このエントリーをはてなブックマークに追加  

アトピー性皮膚炎ってどうしてこれほどまで多いのでしょうか?

 

 

昔、私が小さい頃にアトピーだった子はほとんどいませんでした。
少なくとも私が小学生だった頃の同級生にはいなかった。

 

 

でも今は?
ステロイド塗ってる子は、ここにもあそこにもそこにも・・・
ってアトピーというよりもステロイド塗ってる子が多すぎだと思う。

 

 

私もアトピー性皮膚炎の子供を持つ母親です。
アトピーの治し方を知ってたら、私だって知りたいです。

 

 

すみません・・・治し方を知っていたらアトピーで苦しんでないです。
しかし、季節やストレスなどによって、治ったように見えてもまた復活するのが
アトピーの厄介なところです。

 

 

そして、その原因だってさまざま。
花粉だったりハウスダストだったり、食品だったり。

 

 

原因だって違うんだから、治し方って人それぞれ違うと思うんです。
しかし、一つだけいえることは・・・

 

 

今まで色んな肌着とか洗剤とかシャンプーとか調べてきましたが
結局、ステロイドではアトピーは治らない。
アトピーを治すためには体質をかえるしかないって結論が出ました。

 

 

そのためにはまず、口に入れるものを変えていく。
チョコレートや炭酸飲料、ファーストフード、砂糖などを極力控える食生活を送っていく。

 

 

身体を冷やさないように、暖かい飲み物を飲ます。
これは、夏が近付くにつれて無理そう。
今でさえ、氷をバグバグ食べてるし・・・・

 

 

汗をかく生活、毎日排便が出来る生活。
本当に当たり前のことなのですが出来てないんですよね。

 

 

しかし、最近は子供(息子)も外で遊ぶようになりました。
今まではインドア派だったもので。
帰ってくるとすごい汗をかいています。
汗をかくなんてこと、今まであまりなかったですから、本当いいことです。

 

 

体も丈夫になっているようで、前よりもアトピーの症状は痒みはあるものの
落ち着いているようです。

 

 

今の子供はゲームなど、本当に身体をあまり動かす遊びをしませんよね。
体を動かしで汗を流すことも大切だと思います。

 

 

汗腺は、生まれたときに誰でも300万個持っているそうです。
この汗腺を正しく機能するためには、汗をかいて開通させる必要があり、
開通しなかったらそのご汗を出さなくなるそうです。

 

 

この汗腺が開通するのは生後3歳までの間。
赤ちゃんに汗をかかさないような生活を送っていると、汗が出にくい体に
なるそうです。

 

我が家はもう間に合いませんが、あまり汗疹になるなど気にして
汗をかかせない快適な環境で子供を育てるのもいけないのでは?・・・と思います。

 

 

一緒について遊ぶ母は大変ですが、我が子のためです。
外でしっかり遊ばせてあげて汗をかかせることも大切ですね。
もちろん熱中症対策は必須ですが・・・。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  
スポンサード リンク

 

Supported by 楽天ウェブサービス