アトピー 改善

アトピー改善に食べ物を見直ししよう

このエントリーをはてなブックマークに追加  

アトピー改善のためには何をすればいいか?

 

 

アトピーって皮膚に出ている湿疹。
目に見えるところばかりに気がいってしまっていたような気がします。

 

 

やっぱり目に見えるというと、いじめとかにつながりやすいですから。
何とか湿疹を抑えようとばかりしていました。

 

 

アトピーの我が子は今年(2012)小学2年生。

 

 

学校で心無い言葉を言われたこともたくさんあります。
辛かっただろうな。と思いながらも、その子は何でそんな事を言ったのか?
と、息子と話ながら心を落ち着かせます。

 

 

そんな中、少し食べ物に気をつけてみることにしました。

 

 

肉をやめ、魚を中心とした和食。
砂糖を使わず、お菓子もジュースも口にさせませんでした。

 

 

αリノレン酸というのが少ないといので、DHCのDHAサプリメントを
摂取させ、えごま油をサラダにかけて食べさせてました。

 

 

一週間くらいそんな食事をすると、かなり皮膚がきれいになり、
夜起きて掻く回数も減りました。

 

 

そんな時、油断したのです。

 

 

無償に手抜き料理がしたくなり、食べたのがカレーライス。

 

 

きっとルーから手作りして、余計なものを入れなければカレーも
食べれるのかもしれませんが、市販のルーがたくさんあったので
それで作りました。

 

 

ただし、肉は食べず。
サラダにはえごま油をかけ、ノンオイルドレッシングで。

 

 

しかし、その夜は痒み爆発でした。
せっかくキレイになってきた肘の内側や膝の裏側が、また掻き壊しして
しまいました。

 

 

おまけに、目も痒いと。

 

 

もっとおまけに花粉症もちの娘。花粉の時期はすっかり過ぎたのに
起きてくると、「目が痒い。鼻がずるずる。」

 

 

結局、アトピーも花粉症などのアレルギーも一緒って事ですね。
食べ物を見直すことで痒みを抑えることが出来るのです。

 

 

もっと気を引き締めて食事を見直しします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  
スポンサード リンク

アトピー改善に食べ物を見直ししよう|身体は食べ物から出来ている!関連エントリー

食事改善でアトピーも改善?
食事改善をすることでアトピーも改善されるのでしょうか?花粉やほこり、ダニ、塩素などアトピーにとっては悪いものはたくさん。でも、やっぱり口に入れるものは食べ物なんです。身体に栄養を取るためには食べ物なんですよね。

 

Supported by 楽天ウェブサービス