中黄膏 アトピー

中黄膏は赤みのひどいアトピーに!?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

先日から紫雲膏という軟膏を塗っています。
息子の肌はどうなったかというと、掻き傷はなくなったかな?

 

 

でも、痒みはあるらしく、夜寝るときとか、朝起きてすぐとか
ぼりぼり掻いています。

 

 

赤い湿疹もぽつぽつとあります。

 

 

あまり薬に頼らず、自然のもので治していきたいと思っているので
「薬草 痒み」で検索していると、あるサイトで紫雲膏の事が書かれて
いました。

 

 

紫雲膏は痒みがひどく、ジュクジュクした所に塗ってもリンパ液に
流されてしまう。そして、痒みがひどいところには、成分である
豚の油やごま油が刺激となり、逆効果の場合もある。

 

 

と書かれていました。保湿剤のような気持ちで使うのがよいと。

 

 

痒みがひどいところには「中黄膏」がよくて、リンパ液が出ているところには
「タイツコウ軟膏」がよいと書かれていました。

 

 

中黄膏って何だ?ということで、早速検索してみました。

 

 

赤みがひどいアトピーによいと書かれていました。
赤みをとる「黄柏」が配合されたものを使うと赤みがひいていくと。

 

 

でも、なかなか近くのドラッグストアで売ってないんですよね。
紫雲膏は、何とか見つけたけど。

 

 

ネットで調べていると、販売元が松浦漢方というところでは、中黄膏という
名でなく「ベルクミン」と書かれて販売されているみたいです。

 

 

 

 

もしかしたら、見たことあったかも。
今度、ドラッグストア行ったら「ベルクミン」で探してみようと思います。

 

 

またこの中黄膏を試したら感想を書きたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
スポンサード リンク

 

Supported by 楽天ウェブサービス