アトピー性皮膚炎の痒みを抑えてストレスを無くしたい!

当サイトについて

はじめまして.。アトピー性皮膚炎の子供を持つ母親です。
息子がアトピーと診断されたのは3歳の冬のことです。

 

ある日突然、体中が掻き傷だらけになり、
皮膚科に連れて行きました。

 

そこで診断されたのは、乾燥からくる掻き傷だから
心配いらないという言葉でした。

 

出されたを塗るとすぐに痒みはとれ傷も治り、
喜んでいました。しかし、薬をやめるとまた痒みが出て、
傷だらけになる。

 

そして薬を塗るの繰り返しでした。後から結構強め
ステロイドが配合されていた薬だということを知りました。

 

ステロイドが配合されている薬は、上手く使えば
何も問題ない、それよりも痒みを取ってあげるのが
大切だという言葉はよく聞きます。

 

きっとそうなんでしょうね。痒いのを我慢するのは
とても辛いと思います。
掻いたらダメと言われるのはストレスが溜まると思います。

 

ネットではステロイドの副作用のことが書かれている
サイトがたくさんあります。

 

今はすぐにネットで調べることが出来るので、
ステロイドは悪いもの?と言ったイメージは
すぐについてしまうものです。

 

よいことと悪いことはどちらがより印象に残るかというと、
やっぱり悪いことなんですよね。
そんな状況で、何の問題もないと言われても使うのはいやです。

 

きっとアトピーの方も私みたいなアトピーの子供を持つ親は、
ステロイドを塗っていてもいずれ自然と使わなくてもよくなる。
と言った確証が欲しい
のではないのでしょうか。

 

特に自然にと言うことが一番欲しい言葉ですね。
もし本当にそうだったら、ステロイドを使うことも
何の抵抗もないと思います。

 

ただそのためには、体質を改善しなくてはいけませんよ。とか、
こういった事をしましょうとか。
そういった具体的な生活方法を教えて欲しいのです。

 

薬だけで症状を抑えて体の表面はきれいでも、体の中では
全くアトピーは治ってないのでは意味がないのです。
私は子供のアトピー性皮膚炎を完治させてあげたいのです。

 

肌が弱いのであれば、そのためには着る物や洗剤、
水など注意が必要です。
我が家で色々試して合って使っているもの、合わなくて症状が
悪化したものなどを紹介しています。

 

ただ、我が家の息子もまだアトピーが治っていません。

 

だから、こうすれば治るよとは言えないのが悲しいのですが、
これを使ってみようと思うんだけど、どうかな?って思うものが
このサイトにあるものなら、参考にしていただけたら幸いです。

スポンサード リンク

 

Supported by 楽天ウェブサービス